口周りを鍛える

原因はなにか

鏡を見る女性

ほうれい線とは、鼻の両脇から口元の両脇にかけてできるシワのことで、中国の人相学の法令紋が語源になっているといわれています。 ほうれい線がくっきりしているとより一層老けて見られてしまいますが、なぜ年とともにくっきりしてしまうのでしょうか。 まず言えるのは 年齢を重ねていくと肌の水分量が減ることでハリがなくなってきて、それとともに弾力も失われていきます。そのことで肌がだんだんとたるんでしまうため、重力に負けて下へ下へと落ちていくのです。それでほうれい線が目立ってしまいます。 それから紫外線をたくさん浴びると、ほうれい線のシワが深くなるので外出の際は気をつけなければなりませんし、肌の乾燥もほうれい線にとっては大敵です。 また、顔の表情筋を普段からあまり動かさないで無表情でいることが多いと、顔の筋肉がたるんでほうれい線が目立つようになります。

どんな改善方法があるのか

できてしまったほうれい線をきれいに消すのは至難の技ですが、いくつかのことを気をつければ改善することができます。 まずは肌を乾燥させないように、きちんとした保湿をすることが大切です。朝の洗顔後や夜の入浴後は、すばやくたっぷりと保湿するよう心がけましょう。 次に出かける時の紫外線対策として、日焼け止めを塗ったり日傘をさすなど長時間紫外線を浴びないよう気をつけなければなりません。 そして、口の周りの筋肉を鍛えるエクササイズをすることです。 口を閉じたまま、舌先でほうれい線をなぞるように動かします。ゆっくりと3回転したら今度は逆回しで3回転まわして、ほうれい線のところでは強めに舌先で押して伸ばしてあげるような感覚でやります。 このようなエクササイズを毎日続けることで、ほうれい線のシワが改善しますのでお試しください。