加齢のサイン

手術の種類と注意点

ほうれい線が消えて満足

美容整形手術をすれば、頬のたるみを改善してほうれい線を解消できます。ほうれい線を解消するアンチエイジング系の手術はいくつかありますが、手術によってメリットデメリットがあります。 手軽にできるという面において優秀なのがヒアルロン酸注入です。注射器でほうれい線の溝に注射するだけで、ダウンタイムや傷、出血などもなく、すぐにメイクもできます。ただし、効果が半年〜1年しか続かないという欠点があります。 本格的にたるみを取り除いてほうれい線を消せるのがリフトアップ手術です。こめかみや耳の後ろなど、目立たない部位から皮膚をひっぱってたるみを取り除きます。ただし、麻酔による体力的な消耗や、腫れや術後の痛みを伴うという欠点があります。

ほうれい線を予防するには

ほうれい線がなくなるだけで見た目が5才以上若返ってみられるようになります。それだけほうれい線というのは年齢を表すものです。 勘違いしている人もいますが、ほうれい線は「シワ」ではなく「たるみ」です。年齢と共にヒアルロン酸が減少して頬の水分保持力が低下し、表情筋が弱ってくることで頬の肉がたるんできて、ほうれい線が目立つようになります。 ほうれい線を解消できるのが表情筋のエクササイズです。エクササイズをすれば表情筋が鍛えられます。口を大きく開けたり、すぼめたりするだけでエクササイズになります。ガムを噛むことも表情筋のトレーニングになります。また、素肌の乾燥を防いで、洗顔後はしっかり保湿をすることも大切です。