改善と予防法

ほうれい線の改善

自信のある笑顔

ほうれい線は筋肉のたるみや肌の乾燥などが原因で出来てしまい、実年齢より老けて見られてしまうなどあまり嬉しいものではありません。 ほうれい線を目立たなくする方法として、ヒアルロン酸の注射や、皮膚を切ってたるみを伸ばす美容整形がありますが、お金もかかりますし多少のリスクもあります。 そこで、最近注目されているのが、マッサージでほうれい線を目立たなくしていくという方法です。 肌をしっかりと保湿した状態で、口の中から指を入れてゆっくりと下から上へ引っ張るように口内筋をほぐしていきます。その後、口をすぼめたり頬をふくらましたりして、口周りの筋肉を良く動かすようにします。 また、骨格も関係している場合があり、エステなどで骨格改善のマッサージを行えるところもあります。 このように、注射やメスを入れず、マッサージや歪みの改善でほうれい線を目立たなくしていく方法が主流となってきています。

出来やすい習慣

ほうれい線が出来てしまう良くない生活習慣というものがあります。 頬杖をつく癖のある人は口周りの皮膚がたるみ、ほうれい線が出来やすくなります。 また、左右どちらかの歯で物噛む癖のある人も骨格が歪み、片方だけほうれい線が濃くなってしまうことがあります。 最近多いのは、パソコンを使い長時間前傾姿勢になることで頬や口周りがたるんでしまっているというパターンです。 これらを改善するためには、日頃から片方だけでなく左右バランスよく使うようにし、姿勢を意識して生活することが大切です。 また、紫外線も肌の乾燥を招きほうれい線を出来やすくしてしまいます。 紫外線対策も忘れずにしっかりと行うようにしましょう。 少しの意識でほうれい線は出来にくくなります。日々の意識で若々しいハリのある肌を目指しましょう。